紙媒体と電子媒体の使い分けによる活動報告

紙媒体と電子媒体の使い分けによる活動報告

選挙、または選挙前から、政治活動を行われている政治家の皆さまであれば、肌で感じられている内容と思いますが、改めて、電子媒体だけでなく紙媒体で、有権者へ活動報告を継続して行う事の重要性について記します。

電子媒体と紙媒体の違い

プルメディアのホームページ

インターネットに接続することにより、必要とする多くの情報を得ることができまが、プルメディアは自分がどのような情報が欲しいのかを明確に意識しているのが特徴です。よって興味が無い、または知らない政治家のホームページへアクセスしてもらうには、他の媒体を上手に利用する必要があります。

プッシュメディアの紙媒体

アクションを取らなくても、紙で情報が勝手に手元に送られてきますので、まずは、これまで興味がなかった政治家の存在を周知することが可能です。その後の詳細情報は受け取った方が、必要か不要かを判断します。よって知ってもらう事、活動を行っていることを有権者へ、簡単にお伝えすることが出来ます。

紙媒体を使った活動報告の必要性

世代別インターネット利用率

世代別インターネット利用率

※出典:総務省「通信利用動向調査」

世代別インターネット利用率を確認する限り、70代以上の約半数の方がインターネットを利用しておりません。上記データからも紙媒体での活動報告の重要性がわかります。

年齢別投票率

年齢別投票率

※出典:総務省「目で見る投票率」平成28年参議議員選挙年齢別投票率

高齢層の投票率が高く、若年層の投票率が芳しくありません。若年層の方々は、インターネットを使っていても政治・選挙に関心がない、または政治家自身に魅力を感じていないのでは無いかと考えます。電子媒体(ホームページ等)だけでなく、紙媒体を使い自身を知ってもらう事、活動を知ってもらう事、そして問題提起をする事が必要と考えます。

活動レポートの作り方

有権者への活動報告は必要な事ではありますが、ホームページを更新し、尚且つ、紙媒体で活動レポートを制作するのは大変な作業であり、制作方法によっては費用も高額になります。そこで工数を減らしながら安価に活動レポートを制作する方法を記します。

ターゲット・記事の内容

ホームページをお持ちであれば、ホームページを見ることが出来ない、またはホームページの存在を知らない方をターゲットとし、掲載記事はホームページに日々投稿している記事、または記事の抜粋、写真をお使いください

デザイン

インターネットで安価受注してくれるデザイナーが沢山おりますので、ぜひご活用ください。なお、印刷業者を事前に決めておき、納品物は、業者の印刷仕様に沿うようご依頼ください。

クラウドワークス
クラウドワークス
クラウドワークスはお仕事をインターネット上で発注・受注することができるお仕事マッチングサイト

印刷

安価で印刷可能なインターネットで発注される事をオススメします。

イロドリ
イロドリ
イロドリは安価で印刷ができ、用紙の選択など、発注の際、悩む箇所は電話での問い合わせ(24時間対応)ができますので、初めての方でも気軽にご利用できます。

配布

ご自身、または後援会の皆さまで配布をすれば、費用を極力抑えることができますが、難しい方もおられると思います。その際は費用が嵩みますが、地元のポスティング業者さまをご利用される事をオススメします。

新聞折り込みは?
一軒一軒が離れている地域ですと、ポスティング単価が上がり効果が芳しくないケースがございますので、その際は新聞折り込みもご検討の範囲としてください。

川崎屋の活動レポート制作

本記事にてクラウドワークス様、イロドリ様を紹介させていただきましたが、デザイナーの選択方法や、印刷方法など、ご不明な点等ございましたら、気軽に川崎屋までお問い合わせくださいませ(当店、ホームページ運用サービスをご利用のお客様のみ)。