アナリティクス3つの確認箇所

アナリティクス3つの確認箇所

Web解析ツールとして有名なGoogleアナリティクスですが、高機能な分、どこを見れば良いかわからない方が多数おられます。業種やホームページに求められているものによって確認する箇所が異なりますが、最低限、ご確認頂きたい箇所を紹介いたします。

Googleアナリティクスへのアクセス方法

必要なもの

  • パソコンなどインターネットが閲覧できる端末
  • Google のメールアドレスとパスワード

URL

Googleアナリティクス

http://www.google.com/analytics
Googleアナリティクス
アクセス後、Google のメールアドレスとパスワードを利用しログインください。アクセス権のあるサイトの情報を閲覧することが可能となります。

スマートフォンからも確認できる

出先でもGoogleアナリティクスへアクセスされたい方はGoogleアナリティクスのアプリケーションをスマートフォンなどでダウンロードし確認いただけます。

Googleアナリティクスで最低限確認したい3つの箇所

セッション数

セッション数とはサイト訪問数です。閲覧者がサイトに訪問すると1カウントされます。30分以内に再訪された際はカウントされません。

アクセス方法

「Googleアナリティクスにログイン」⇒ 「左メニューの「ユーザー」」⇒「サマリー」

セッション数

確認ポイント

単純にセッションが増えているか否かをご確認ください。極端に減っている場合などは、ホームページの閲覧状態に問題が発生している可能性があります。

直帰率

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッションの割合です。

アクセス方法

「Googleアナリティクスにログイン」⇒ 「左メニューの「ユーザー」」⇒「サマリー」

直帰率

確認ポイント

直帰率が高い原因としては、サイトデザインや操作の問題、または求めていた情報がそのページで見つかった。それ以外のページに興味がわかなかった場合などが考えられます。多くの情報を閲覧者に見て頂けるよう直帰率が40%以下のサイトは施策をご検討ください。

オーガニック検索トラフィック

検索エンジンで何のキーワードでサイトへ訪問されたかがわかります。

アクセス方法

「Googleアナリティクスにログイン」⇒ 「集客」⇒「キャンペーン」⇒「オーガニック検索トラフィック」

オーガニック検索トラフィック

確認ポイント

イメージしていたキーワードでサイトがアクセスされているか否か確認ください。件数が少ない場合はページ自体の強化(SEO施策)が必要となります。

最後に

記載させて頂いた内容は、Googleアナリティクスの一部の機能で、実際の施策時は多くの解析を行った上で行います。当店、ホームページ運用サービスをご契約者様におきましては、まず上記を日々ご確認頂き、気になった点等ございましたら遠慮なくご相談ください。