ウイルス対策

ウイルス対策

近年、インターネットを経由して、住所、氏名、生年月日はたまたクレジットカード情報などにいたるまで、コンピュータに管理される情報を盗み出すサイバーテロの被害が注目されています。

インターネットの利用が一般的に普及している現在、小規模な組織・団体や個人であっても電子メールやWebサイトの閲覧、ネットショッピングなど、さまざまな局面でインターネットを利用しており、サイバーテロにより大切な情報を盗み出される可能性が非常に高い状況にあるといえます

これらサイバーテロからパソコンに管理された大切な情報を守るためには、サイバーテロが情報を盗み出すため使用するコンピュータウィルスから自身のパソコンを防御する対策が重要で、その対策を行うための「ウィルス対策ソフト」を選びは、サイバーテロからパソコンで管理している大切な情報を守り、安心してパソコンを使うために必要不可欠なのです。

本記事では、さまざまなコンピュータウイルスからパソコンを守ることができ、初心者でも安心して使える、おすすめのウィルス対策ソフトについてご紹介します

そもそもウイルスとは何か

ウイルスは、第3者が悪意をもって作成し、コンピュータを意図的に使用不能にしたり、コンピュータ内に管理されている情報を盗み出すなどユーザに迷惑をかける不正なソフトウェア(マルウェア)のうち、電子メールWebサイトなどを介して、他のプログラムを書き換えることで侵入したうえで、コンピュータ内の既存のプログラムに悪影響をあたえながら増殖を続けていくもので、まるで自分の分身を作って増えていくさまが病気の感染とにていることから、ウイルスと呼ばれています。

また近年は、ユーザーに不利益を与えるプログラムやソフトウェア全体をひっくるめてウイルスとよぶ傾向にあるようです。

ウイルスの中には何らかのメッセージや画像を表示するといった単純なものもありますが、近年はハードディスクに格納されているファイルやデータを消去したり、コンピュータが起動できないようにしたり、さらにはパスワードなどのデータを外部に自動的に送信し、結果的にコンピュータの中に管理されているさまざまなデータを盗み出すタイプのものも多数あります。

最近話題にのぼった「WannaCry」のようにOSなど使用しているソフトウェアの弱点(脆弱性)を突いて、コンピュータに侵入し、コンピュータを意図的に停止させた上で、それを復旧させるために金銭を要求するランサムウェアもこうしたウイルスの1つです。

巧妙化するコンピュータウイルスからパソコンを守るウィルス対策ソフト

巧妙化するコンピュータウイルスからパソコンを守るウィルス対策ソフト

ウイルスの多くは電子メールWebサイトを経由して、パソコンから侵入するものが多く、「不審なメールを開かない」「危険なWebサイトにはアクセスしない」などユーザー自身が意識することが重要ですが、最近は公的機関や銀行などの名前、はたまた知り合いの会社や氏名をかたるなど、ユーザを騙す手口が日々巧妙化しています

そのため一人一人がかなり注意しても、パソコンがウイルスに感染してしまうリスクを完全に防ぐことは困難な状況であるといえます。このリスクを軽くするためには、巧妙化するさまざまなウイルスから自身のパソコンを守る「ウイルス対策ソフト」の役割が重要といえるでしょう。

適切なウイルス対策ソフトを導入することによって、パソコンにウイルスに感染したことを検出し、そのウイルスを削除するなどの防止策を実施。ウイルスからパソコンを守るために必要不可欠なソフトウェアなのです。

パソコン初心者でも安心して使えるウイルス対策ソフトとは

日々巧妙化するウイルスに対して、安心して使用できるウイルス対策ソフトとしては、さまざまなウイルスのパターンにも継続的に対応し、その対策効果が高い製品を選択することが重要ですが、パソコンに詳しくない人が使用する場合、それに加えて下記も重要です。

  • パソコンへのインストールやバージョンアップなどの設定が難しくない
  • 導入によってパソコンの動作が遅くならない
  • ウイルスに感染した時のメッセージなどがわかりやすい
  • 困った時に電話などで親切・丁寧にサポートしてくれる

特に、万一ウイルスに感染した場合、パソコンを使い慣れていない人にとって、その不安ははかり知れないものがあります。このようなときに落ち着いて適切な対応ができるよう、機能・サポートの両面でウイルス対策ソフトを選ぶことが大切といえるでしょう。

パソコンに導入をおすすめするウイルス対策ソフト

現在、さまざまなウイルス対策ソフトが発売されており、どれを選んで良いかわからないといった声を耳にします。ここではパソコンに慣れていない方々でも「使いやすく」「安心して使える」視点からオススメする製品をご紹介します。

ESET セキュリティソフト

高いセキュリティ検出・対処に関する性能と使いやすさをあわせもった製品です。また操作画面が美しく、わかりやすいことに定評があります。

ESET セキュリティソフト

ノートン

インストールしてもパソコンの動作に影響をあたえないことで人気の製品です。どんなスペック、性能のパソコンであっても安全・快適に確実なウイルス対策を実施できることに定評があります。

ノートン

ウイルスバスター

日本国内においてウイルス対策ソフトの定番ともいわれる製品です。操作画面がわかりやすくサポートも充実しているので初心者でも安心して使える製品といえるでしょう。ただしパソコンの動作が若干遅くなるところが気になるところで、低いスペックのパソコンで使用する場合は注意が必要です。

ウイルスバスター

カスペルスキー セキュリティ

ロシア製のウイルス対策ソフトで、近年日本国内でも人気を高めている製品です。特にウイルス検知機能に優れていると評判で、巧妙化するウイルスへの対策に安心して使える製品といえるでしょう。

カスペルスキー セキュリティ

McAfee(マカフィー)

導入する台数に制限がないことから、複数台のパソコンを利用するような場合、コスト面でメリットがあると、近年評価が高まっている製品です。またOS等の脆弱性対策など他の製品にない特徴もあります。

McAfee(マカフィー)

F-Secure

フィンランド製のウイルス対策ソフトで、ウイルスだけでなくブラウザ保護などインターネットアクセス対策にも有効な製品です。また自動的にアップデートをかけるなど、更新時の負担が少ないのも特徴的です。

F-Secure

KINGSOFT Internet Security

無料のセキュリティ対策ソフトとして評判の高い製品です。セキュリティ性能は有料の製品と比較して低い面は否めませんが、消したはずのデータを復元されてしまわないよう完全に削除できるような特徴的な機能も有しています。

KINGSOFT Internet Security

ウイルス対策ソフトに加え実施すべきセキュリティ対策

ウイルス対策ソフトだけで、サイバーテロから自分のパソコンひいてはそこに管理されている重要な情報を守ることは困難です。

もちろん「不審なメールを開かない」「不審なサイトにはアクセスしない」といった努力も必要ですが、不審なメール自体を受信しないようインターネット接続事業者(ISP)が提供するメールフィルタリングサービス等をあわせて利用することも有効な対策といえるでしょう。

また近年は、警察が専門組織を設置するなど増加する公的機関がサイバー犯罪への対応を強化しています。万一被害にあった場合、こうした機関への相談や届出を行うことも重要だといえるでしょう。

まとめ

世界的にサイバーテロの被害が多発している現代、特に東京オリンピックを前に、日本がその標的になることも懸念されています。また2017年5月に施行された改正個人情報保護法では、これまで対策が必要とされていなかった小規模な組織・団体にも顧客名簿や名刺といった個人情報管理の責任が強化されています。

このような状況に中で、ウイルス対策ソフトの導入をはじめとするサイバーセキュリティ対策の実施がより重要視されるといえるでしょう。

無料セキュリティ診断