クラウドサービス

クラウドサービス

クラウドサービスという言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか。今回は、知っているようであまり知らないクラウドサービスについて記述をさせていただきます。

そもそもクラウドとは、そのまま日本語変換すると『クラウド=雲』となります。もちろん、雲がネット社会に影響しているわけではなく、ネット社会で言うクラウドとは「クラウドコンピューティング」を略した言葉で、このクラウドは、意外と身近なところで私たちが使っているコンピューターの利用形態のひとつです。

従来、コンピューターのハードウェア、ソフトウェア、データなどを自身で保管し利用していたため、他人からコンピューター(サーバー)の所在地が特定されやすい状態でもありました。

しかし、クラウドサービスを利用することで、実際に存在する1台のコンピューター上に、何台もの仮想コンピューターがあるかのような働きを持たせるため、他人からコンピューターの実態が見えづらくなります。

また、クラウドサービスの技術により利用者は、クラウドサービス事業者が保有するコンピューター処理能力を必要な分だけ利用することができます。

実際に私たちが使用しているクラウドサービスの具体例として、Webメールがあります。有名なのは、「Gmail」や「Yahoo!メール」です。これらのクラウドサービスを利用することで、専用のソフトウェアを自分のパソコンにインストールせずにブラウザーなどを使いサービスを利用しています。

主なクラウドサービス

Dropbox

Dropbox

ローカルにある複数のコンピュータとの間でデータの共有や同期を可能とするストレージサービスで、使いやすさと安定感では特に人気の高いクラウドサービスです。世界的にも圧倒的なシェアを誇り法人向けでもあります。

スマートフォンでも「Dropboxアプリ」があるので、スマートフォンで撮影した写真等をDropboxへ入れるとパソコンで確認ができるといった使い方もできます。

ChatWork

ChatWork

クラウドチャットサービスのChatWorkは、タスク管理機能や、ビデオ・音声、ファイル共有が可能で、ビジネス上で行うあらゆるコミュニケーションが効率的に行えます。

スマートフォンアプリやデスクトップアプリも提供されているので、オフィスや自宅にいない状況でも使用できるといった利点もあります。

Google Apps for Work

Google Apps for Work

Google関連ツールをビジネス向けに利用できるグループウェア。容量を気にせずに様々なGoogleサービスを利用ができ、資料をオンライン上で共有できるスプレッドシートもあり効率が上がると人気のクラウドサービスです。

そもそもGoogleのサービスということで、安心して利用ができ、GmailやGoogleカレンダーなどを利用している方も多いです。

クラウドのメリット

いつでも、どこからでもアクセス可能

クラウドサービスは一度アカウントを作成すればパソコン・スマートフォンなど、どこからでもアクセス可能です。

SDカードやUSBメモリを使用しなくても、インターネットに繋がれば、複数の端末・ユーザーで情報の共有が可能となります。

インストールや更新作業がいらない

自身が管理しているパソコンですと、ソフトのインストールや更新作業が必要で、その際、パソコンの調子が悪くなることや、復旧作業に時間を取られるといった悩みもありました。

しかし、クラウドサービスであれば、そのような作業等はサーバー側で行われるので、システムの不具合から解放されます。

クラウドのデメリット

セキュリティに対する不安

クラウドでは性質上、個人・企業の様々な重要情報を保存しているため、ハッキングの攻撃対象となりやすくデータの流出リスクが高くなりがちです。

永久に利用できる保証はない

クラウドサービスは膨大な種類があり、一定期間ログインしないとアカウントが削除されることもあります。また利用者が減少するとサービスそのものが終了してしまうこともあります。大切なデータを失う可能性があります。

まとめ

昨今、様々なクラウドサービスが提供されており大変便利ではありますが、その反面、リスクを検証せずにサービスを利用されている方が多いと感じています。

クラウドサービスを利用し、大切なデータを取り扱う際は、機密情報保持契約書などを読み込んだ上で、ご利用される事をオススメさせて頂きます。