既存ブラウザの設定方法

既存ブラウザの設定方法

既存ブラウザを設定する方法

メールやソフトに記載のリンクをクリックした後、ブラウザはマイクロソフトの「edge」じゃなくてグーグルの「Chrome」で表示したいとの相談を頂きました。

自動起動されるブラウザはWindowsの「規定ブラウザの設定」という場所で変更をすることが出来ます。今回は、「規定ブラウザの設定」方法につきまして記述します。

ブラウザとはインターネットでホームページを閲覧するときに使っているソフトのです。今このページを閲覧されているソフトもブラウザと呼ばれるものです。

規定ブラウザの設定方法

  1. 画面右下の「Windowsロゴ」を押下し「設定」を選択
    設定を選択
  2. 「Windowsの設定」画面で「アプリ」を選択
    アプリ
  3. 左メニューの「既定のアプリ」を選択し、現在設定されている「Webブラウザー」を選択するとインストールされているブラウザの一覧が表示されます。使いたいブラウザを選び、[x]でウィンドウを閉じます。
    Webブラウザー

ブラウザは何を使えばいいのか

世間には沢山の種類のブラウザがありますのでどれを使えばいいのか、悩むところと思いますが、川崎屋の独断と偏見で一番オススメするブラウザはやっぱりグーグルの「Chrome」です。

参考 クロームのダウンロードはこちらChromeをダウンロード

「Chrome」は当然パソコンでも使えますが、スマホやタブレットでも使う事ができます。そして同じグーグルアカウントを使えば、パソコンで登録した お気に入り(ブックマーク)やパスワードなどをスマホやタブレットなどで新たに登録しなくても自動で使う事ができます。

グーグルアカウント
GoogleアカウントはGoogleの各種サービスにアクセスするためのユーザーアカウントです。登録したメールアドレスでサインアップすることで写真などを保存できる「Google ドライブ」やスケジュール管理ができる「Googleカレンダー」など沢山の便利なWebサービスが使えるようになります。

ホームぺージを印刷するアプリや各種グーグルのサービスとも連携が簡単にできますので、ぜひ「Chrome」を使ってくださいね。