SEO対策

SEO対策

SEOとはGoogleやYahooなどの検索サイトで、ご希望のキーワードで検索をされた際、上位に表示されるための対策です。

サイトの認知度もなく、検索エンジンからの評価もまったくない初期状態であれば、ホームページをオープンしても、まったくアクセスがないのは当然の事です。

ホームページの制作や運用に携わっている方であれば「SEO」というキーワードを耳にしたことがあるかと思います。よってライバルとなるサイトの担当者もSEOを知っており、且つ取り組みを行っている可能性が非常に高いと認識せざる得ません。

ライバルサイトが対策を行っている中で、自身のホームページでSEO対策を行っていなければ、競争の土俵すら立てていないことになり、ライバルから差を付けられるばかりです。昨今、SEOは非常に重要視されている施策でありますので、対策は積極的に行いましょう。

ホームページの周知

ホームページの周知(アクセスアップ)は主に以下が考えられます。

  • 検索エンジンでヒット
  • インターネット広告
  • SNS(FacebookやTwitter)など

検索順位を上げる方法

キーワード選定

キーワードは、単純に好きな単語を選ぶだけではアクセスは伸びません。どのようなキーワードがどのくらいのボリュームで検索されているかを「Google AdWords キーワード プランナー」で調べ、且つ目標とされてる情報更新頻度を確認しながらキーワードを選定し設定します。

内部対策

Search Consoleで、制作したホームページがどのように見えているのかを確認をする。

正しいルールに沿ったソースを記述する。

ホームページの作り方(書き方)にもルールがあります。W3Cで制作したホームページのソース(プログラム)が正しく書かれているかチェックします。

W3C:Webページを制作するうえでの国際的なルールを決めている団体

ホームページの表示スピードを改善する。

SEO対策としても重要ですが、検索エンジンなどからアクセス頂いてもホームページの表示が遅ければ閲覧者は直ぐに離脱します。PageSpeed Insightsでホームぺージの表示スピードをチェックします。

外部対策

一昔までは、外部のホームページからリンク(被リンク)を数多く張っていれば自身のホームページの内容が乏しくても検索順位は上がっていました。しかし今は内部対策が最も重要となり、被リンクの検索順位のプライオリティは大きく下がりました。

しかしGoogle社からの公表されているとおり、外部からリンクが検索順位に関わりが無くなったわけではありません。信用でき、且つ自身のホームページと関わりのあるホームページからリンクを張るようにしています。

川崎屋のSEO対策

ホームページの目的は閲覧者を増やす為ではなく、閲覧者に満足してもらう事と考えています。100人のアクセスよりも1人の満足からスタートし、更にホームページを育て100人のアクセスで100人の満足。そしてそれ以上を川崎屋はお客様と一緒に目指していきます。