ホームページへのアクセスを増やすMEO対策

ホームページへのアクセスを増やすMEO対策

スマートフォンの急速な普及にともない、新しい技術が続々と開発されています。

インターネットでの検索結果の上位に、ホームページを表示させる技術としてSEO対策が知られていますが、それに加え、最近はMEO対策という言葉を耳にするようになりました。

MEO対策とはどういった技術で、SEO対策とはどう異なるのか、本記事にて解説いたします。

MEO対策とは

MEO対策のMEOとは、「Map Engine Optimization」を略したものです。

マップエンジン最適化とも呼ばれる技術で、利用者が店舗や会社などを検索したとき、Googleマップなど、ネット上にあるマップで、ホームページを見付けてもらいやすくする技術のことです。

川崎屋アイコン

特にGoogleマップはシェアが大きいので、MEO対策はGoogleマップへホームページの情報を上位表示させる技術ともいえますね。

上位表示を目指す

現在いる場所から、気軽にネットで地域情報を取得できるようになりました。

例えば、「ホームページ制作」とGoogleで検索すれば、現在いる場所の周辺にあるホームページ制作会社が、検索結果に表示されます。

この時、検索結果画面の上部にはGoogleマップ専用枠があり、マップ上に位置情報やホームページ情報などが表示されます。

専用枠に表示されることは、多くの人の目に留まり注目を集めることが出来ます。

しかし多くの店舗の中から、このGoogleマップの上位に表示させないと利用者に気づいてもらえません。

MEO対策とは、Googleマップ専用枠に店舗を上位表示させる技術のことです。

MEO対策の前にグーグルに登録を

Googleマイビジネス

Googleマップ専用枠に店舗情報を表示するためには、店舗や企業の情報をGoogleが提供する無料の集客ツール、「Googleマイビジネス」を利用し、Googleマップへ登録する必要があります。

Googleマイビジネスは無料です。使わないのはもったいない

川崎屋アイコン

当然、ライバル店舗や他のお店も登録していますので、結果表示の上位に表示されるとは限りません。そこで、さまざまな技術を用いて上位表示を目指します。

MEO対策とは、Googleマイビジネスを最適化して、検索結果の上位に表示させるための対策方法といえます。

SEO対策とMEO対策の違い

MEO対策に似たものにSEO対策があります。

SEO対策は最近、あちこちで耳にする機会が増えており、MEO対策より知られている用語でしょう。MEO対策とは何が違うのでしょうか。

SEO対策は競合が多く大変

SEO対策とは、検索エンジン最適化とも呼ばれ、「Search Engine Optimization」を略したものです。検索エンジンはネットのさまざまなサイトを検索してくれます。

川崎屋アイコン

ネットを使うとき、特に気にせず日頃利用しているYahooやGoogleといったサイトが有名ですね。

通常、利用者がホームページから情報を得るためには、検索エンジンを利用して目的のホームページを見つけます。この時、利用者はどうしても検索結果上位のサイトに目が行き、そこをクリックしてしまう傾向があります。

よって、検索結果上位に表示されることは、ホームページの露出を増やすとともに、利用者を増加させることにつながります。

SEO対策とは、これらの検索エンジン、特に圧倒的シェアを誇るGoogleの検索結果の上位にホームページを表示させる技術のことです。

SEO対策は割と古くからある技術のため、解説をする書籍も多く販売されています。SEO対策を提供するコンサルタントや企業も多くあり、最近は多くのホームページでSEO対策が施され、新たに公開するホームページではなかなか結果を出すことができない状態になっています。

MEO対策は新しく競合が少ない

MEO対策の競合

一方、MEO対策は比較的最近知られるようになった技術のため、まだ広く知られていません

SEO対策に比べ、競合が少ないため、効果がでやすい傾向にあります。そのためSEO対策よりも、ホームページの露出が増え、集客力の向上が期待でき、結果、認知度があがり小売店舗や飲食業の売り上げ増加につながります。

また、多くのホームページにはSEO対策が施されています。しかし、MEO対策は比較的新しい技術のため競合が少なく、効果が大きいため、SEO対策よりもコストパフォーマンスが高いといえます。

MEO対策のメリットとデメリット

Googleマップ専用枠に上位表示を目指すMEO対策を施すことによって、どういったメリットがあるのでしょうか。また、デメリットはないのでしょうか。

広告コストを抑えることができる

広告コスト

検索結果の上位に表示させるタイプのWEB広告は、入札制を取っています。

例えば、「ホームページ制作」というキーワードで検索され、表示された広告をクリックされたら、1回につき△△円」という感じで入札します。「ホームページ制作」というキーワードが検索されると、入札金額の高い広告から順に上から表示されるようになっています。

入札方式なので、広告費は年々上昇しており、個人商店などでは簡単に利用する事ができない・・・

川崎屋アイコン

一方、MEO対策は、対策できる項目が限られているため、専門家に依頼をしても比較的安価に対策をする事が可能です。

MEO対策は、コストパフォーマンスが良く、あまり宣伝費に予算を割くことができない個人商店や飲食店にとっても、非常に魅力的なサービスではないでしょうか。

集客につながり易い

MEO対策によってGoogleマップの専用枠に表示されることにより、検索利用者の目に付きやすいというメリットがあります。これは店舗の訴求という点でも大きな宣伝効果が期待できます。

また、飲食店や小売店の検索は、お出掛け先でスマートフォンを利用して行う事も多いでしょう。スマートフォンでは画面が小さいため、マップ画面とともに表示される上位表示の店舗がタップされる傾向が強いともいわれています。

MEO対策で集客

スマートフォンからの検索利用者には、結果表示からタップ一つで電話による問合せも可能なほか、現在地からの経路検索も可能になります。

MEO対策は、拡大するスマートフォンによる利用に親和性が高いといわれています。スマートフォンによる検索者は、現地で検索している場合が多いため、そのまま集客に結び付きやすくなります

MEO対策のデメリットは?

メリットばかり見てきましたが、デメリットはないのでしょうか。

デメリットとして大きいのが、MEO対策によるメリットを享受できるユーザーが限定されるという事です。

MEO対策は飲食や小売など、実店舗をもつ業種やビジネスのユーザーにはきわめて有効ですが、それ以外の業種にはあまり意味をもちません。

ECサイトをはじめとする通販サイトや、個人のブログなどアクセス数だけを追求するホームページには意味がないだけではなく、前提となるGoogleマイビジネスへの登録すらできませんので、MEO対策は利用できません

川崎屋アイコン

SEO対策と異なり、利用者が限定されることがMEO対策のデメリットですね。

まとめ

現状、MEO対策はあまり知られていない技術です。

そのため競合が少なく、利用する事によって大きな効果を享受できる可能性があります。急速に進むスマートフォンの利用にも親和性が高いということも魅力的です。

また、既存のサイトを利用でき、MEO対策を自身で施すことも不可能ではありません。しかし商用で利用するのであれば、多少のコストは掛かりますが、専門家の力を借りる方が確実です。

MEO対策は集客ツールとして、大きな効果を期待できます。実店舗を運営する経営者の方などは、気軽に川崎屋までご相談ください。

電話