最適なドメインの選び方

最適なドメインの選び方

ドメインとは

手紙を送るときに住所が必要であるのと同じように、広いインターネットの中でお客様のホームページにアクセスしてもらう為には、インターネット上に一つしかない住所が必要となります。そのインターネット上の住所の事をドメインと呼びます。ドメインは、ホームページアドレス(URL)やメールアドレスの一部として使われます。

ドメインを決める

新規でホームページを作る事が決まりましたら、まずはドメインを決める必要があります。なお既に使われていドメインは使っている方が手放さない限り利用することは出来ません。つまり早いもの勝ちです。

ドメインの種類

ドメインには「.com」や「.co.jp」、「.ne.jp」「.net」「.jp」などの種類があり、世界中の誰でも取得できるドメインや、特定の国の組織や人だけが取得できるドメイン、気軽に個人で取得することが出来るドメインがあります。

詳細は:日本レジストリサービス(通称JPRS)のサイトをご参照ください。

ドメイン取得・更新費用

ドメインの取得・運用をするには取得料金と更新料金が発生します。数百円のドメインから数百万円するドメインまで多岐にわたりますが、一般的な料金帯としては、[.com]などは年間2千円、[.co.jp]などは年間6千円程度とお考えください。

ドメインの取得方法

ドメイン登録業者(レジストラ)と契約し取得する事が可能で、一般ユーザーの方でもインターネットで「ドメイン登録」などで検索頂ければ、インターネット上で簡単に取得可能です。ただし書類が必要なドメインもございますので、ご注意ください。

ドメインの選び方のポイント

アピールポイントが一目で伝わるドメイン

ドメインを見て端的に一目で伝えたいことがわかるドメイン、つまり覚えてもらいやすいドメインを選ぶ事が重要です。

  • 企業名(個人名)を周知したければ、企業名(個人名)を使ったドメイン
  • サービス内容を周知したければ、サービス名を使ったドメイン
  • 商品を周知したければ、商品名を使ったドメイン

短いドメイン

ドメインを利用者へ覚えてもらいやすい短いドメインをお選びください。名刺などに記載する際も短い方がレイアウトが美しくなるケースの方が多いです。

  • 覚えてもらいやすい
  • 名刺やフライヤーなどに記載した際、レイアウトしやすい
  • ドメインを手打ちする際、簡単

英語表記ドメイン

一昔前までは日本語ドメインがSEO観点から優遇されているとの噂がありましたが、現在では、そのような事実はありません。SNSなどでは日本語ドメインに対応していないケースもありますので、英語表記ドメインを取得ください。

使える文字

英語表記の使える文字は以下の通りとなります。なおドメイン名には大文字・小文字の区別がありません。どちらの表記も同じ一つのドメイン名となります。

使用できる文字半角英数字(A~Z、0~9)・半角のハイフン「-」
登録できる文字数3文字以上63文字以下

ドメイン変更に伴うリスク

ホームページ公開後、ドメイン変更は大きなリスクを伴います。社名変更などやむを得ない場合を除いて、ドメインを決める際は、精査頂き公開から閉鎖まで同じドメインをお使い頂く事をお勧めします。

  • Webサイト訪問者を減らす要因となります。
  • 名刺やフライヤーなどの表記変更が必要となります。
  • サイト評価が下がる可能性があります。
  • ホームページ内の設定や外部リンクの変更が必要となりコストがかかります。

川崎屋のドメインサービス

当店へホームページを新規で制作依頼頂きましたお客様には、ドメインの取得代行を無料(ドメイン取得に必要な費用(実費)はご負担いただきます。)で行っております。ドメインの選択は、アクセス、集客、売り上げアップの重要な要素となります。SEOにも関わる部分でございますので、ドメインの取得につきましても経験豊富な川崎屋にお気軽にご相談下さいませ。