オリジナルドメインの取得

オリジナルドメインの取得

オリジナルドメイン(ドメイン)とは

「http://www.○○○.com」のようなホームページのアドレスを示すURLのなかの「○○○.com」といった部分をドメインと呼びます。一番うしろに付いている「.com」や「.jp」などはトップレベルドメイン(TLD)といい、他にも複数の種類があります。

ホームページやブログを開設しようとする場合、大きく分けて二通りの方法があります。一つは「アメブロ」や「ライブドアブログ」をはじめとした無料ブログサービスやSNSを利用する方法、もう一つは自身でサーバーをレンタルしてホームページを制作・管理する方法です。

たとえばアメブロですと「http://ameblo.jp/○○○/」などのように、原則として運営会社の所有するドメインに自身で決めた名前を入れたURLが一般的です。無料で使えて簡単に始められるかわりに、ドメインまですべてオリジナルというわけにはいきません

一方のオリジナルドメイン(独自ドメイン)は、自身でドメインを取得し設定をする必要がありますが、政治家の氏名などをそのままズバリ表したようなシンプルで分りやすいドメイン(URL)を使用することが可能です。それぞれに一長一短がありますので、開設したいサイトの目的や内容に応じて、使い分けていく必要があります。詳しくは「最適なドメインの選び方」をご参照ください。

なお、ホームページの運用が始まった後、ドメインを変更するには大変な作業が必要となります。一般的に長期間利用するものでもありますので、コストの面だけでなく、覚えてもらいやすいドメインなど、慎重にドメインを選択するようにしてください。

川崎屋のトップレベルドメインが「.me」の理由
当初、川崎屋のトップレベルドメインはメジャーなトップレベルドメインである「.com」を検討しておりましたが、該当ドメインは、入手困難なプレミアムドメイン(希少ドメイン)扱いであった為、登録するには年間35万円程度の費用が必要でした。よって川崎屋におきましては、コストの面から年間1,000円程度で利用できる「.me」を現在は利用しています。

無料ブログやSNSと独自ドメインを使ったホームページの違い

無料ブログやSNSのドメイン

アクセス数

アクセス数を増やすために有効な手段として、Yahoo!やGoogleの検索結果で上位表示させるSEOという概念があります。SEOにはさまざまなテクニックや、それに適したサイトの作り方があり、オリジナルドメインの取得もSEOにおいて非常にメリットがあります。

多くの検索サイトは同じドメイン上にあるWebページを同一のサイトと見なしますので、前述した「http://ameblo.jp/○○○/」のようなドメインを使用していた場合、原則として同じ検索キーワードで検索した場合に、同じドメインのページが複数同時に表示されることがありません。つまり、無料ブログなどの場合は、オリジナルドメインに比べSEOの面では不利といえます。

補足
アクセス数を増やしたいのであれば、検索順位(SEO)を上げやすいオリジナルドメインでのホームページ

制作

無料ブログサービスや、「Facebook」、「Instagram」、「Twitter」などのSNSは、簡単に自身のブログやWebサイトを開設できるのが魅力です。一方でオリジナルドメインを使う場合は、通常自身でサーバーを用意してWebサイトを構築します。サーバーを用意するといっても自前でサーバーを準備する必要はありません。管理やコストの面からレンタルサーバーを借りるのが一般的です。

なお、レンタルサーバーの使用に際して運営会社のマニュアルに従って設定さえすれば、ドメインの設定自体は簡単でとくに専門知識は必要ありませんが、サイト制作にあたってはHTMLやCSS、さらにJavaScriptやPHPと呼ばれるWebサイトをつくるための言語を使用します。そして検索順位を意識したホームページを制作するのであれば、専門の業者へご依頼されることをオススメします。

補足
オリジナルドメインを使い、一からホームページを制作するには知識と経験が必要。簡単に開設できる無料ブログやSNSは魅力

運用

最近では手軽にページをつくれるということもありSNSの活用が進んでいますが、その反面、運営会社の広告が入ったり、最悪の場合、そのサービス自体が終了した場合は、せっかく制作したサイトやページそのものが無くなるリスクがあります。そして多くのSNSはクローズドなネットワークのため、そのSNSを利用している人にしか情報が届かないというデメリットがあり、且つコメントやメッセージを送ってもらうのも、そのSNSのアカウントを取得してからではないと送ることができないなどのデメリットがあります。

オリジナルドメインを取得して、自身で用意したサーバーでサイトを運用すれば、さまざまなカスタマイズが可能であり、運用の自由度が高いのが最大の魅力です。そして万が一、不適切な言葉を使ったコメントなどがあっても非公開や削除も自由に設定することが可能となります。

補足
自由なカスタマイズと自由な運用は、決まったテンプレートでしか利用できない無料ブログやSNSよりもオリジナルドメインを使ったホームページ

汎用性

オリジナルドメインの大きなメリットとして、将来的にサーバーを移行した場合などでも継続して同じURLがそのまま使えるということが挙げられます。無料ブログサービスなどでは、サービスを別の会社に乗り換えようとすると、中身はそのまま引っ越しできたとしても、ドメインは変わってしまうことになります。

補足
同じドメインで永続的に運用できるオリジナルドメイン

コスト

オリジナルドメインを使っても個人でとりあえず安く抑えたいということであれば、ドメインの年間費とサーバーのレンタル費用と合わせても月額500円くらいから運用が可能です。

補足
オリジナルドメインを使ってもコストは安い

メールアドレス

オリジナルのドメインを取得することによって、例えば「support@○○○.com」のように取得したドメインを使ったメールアドレスを永続的に利用することが可能となり、オリジナルドメインを使ったメールアドレスは、yahooやgmalなどのフリーメールアドレスよりも一般的には信用性が高く、スパムメールなどの不要なメールも届きにくいと言われています。

補足
オリジナルドメインを取得すれば取得したドメインのメールアドレスが持てる

資産・情報管理

無料ブログやSNSでは、記事の内容やメッセージのやり取りなどをサービス提供会社が、自由に使う事を可能とする規約を掲げている業者があります。

ITサービスを利用する以上、管理元に閲覧権限があるのは運用上やむを得ないと考えますが、個人間でのメッセージのやり取りなどを、知らないところで勝手に使われる可能性がある規約におきましては受け入れがたい規約です。

補足
規約によっては、メッセージのやり取りを勝手に使われる

まとめ

オリジナルドメインを取得しホームページを制作・運用するには、無料ブログやSNSのように簡単にはいかないのが現実です。しかし多くの方へメッセージを伝え、多くの声を聴き、その声を守るには無料ブログやSNSでは満たすことができないのではないかと川崎屋は考えます。