パスワード管理ソフト3選

パスワード管理ソフト3選

パスワード管理ソフトがなぜ必要なのか?

昨今、多くの方がご利用になられているパソコンやスマホ・タブレットは、今や現代人の必須アイテムになってきましたが、アプリのダウンロードや、サイトにアクセスする際、ユーザーIDパスワードが必要になるケースが多々あります。

そんなIDとパスワードが万が一、他人に知られた場合、大事な情報を見られてしまったり、アカウントを乗っ取られたりする危険性もあります。

そこで、大半の方は、他人に容易に想像されないような文字列で登録をします。

川崎屋アイコン

いつも同じ「ID」と「パスワード」であれば忘れることもなく便利に使えるのですが・・・

複雑な文字列にすれば他人に知られる可能性は減っていきますが、自身で記憶しておくのも限界があり、複数の複雑なパスワードをどのように保管・管理するか問題になってきます。

そこで今回は、パスワードを簡単に管理できる代表的なパスワード管理ソフトをいくつか紹介させていただきます。

複雑な機能は省き、基本機能と特徴だけを紹介します

川崎屋アイコン

おススメソフト3選

LastPass

LastPass

1つのIDとパスワードさえ覚えておけば、インターネットがつながる環境ならどこでも無料で使えるパスワード管理ソフトです。

特徴

クラウド上で管理

パスワードの管理をクラウド上(インターネット上)で暗号化して保管できます。

複雑な操作はいらない

LastPassをダウンロードし、ID.とパスワードを入力すれば、後は画面の操作に従って操作するだけです。

サイトの履歴とパスワードを同時に管理

訪れたサイトでID.とパスワードを入力したら、LastPassはサイトのアドレスと入力したデータを一緒に保管でき、次にそのサイトを訪れた際に、ほぼ自動でアクセスが可能になります。

パスワード自動生成

複雑なパスワードを自動で生成してくれます。

料金

ダウンロード、使用のいずれも無料です。

ホームページ
参考 パスワードマネージャーLastPass

Bitwarden

Bitwarden

オープンソースライセンス(権利公開済みソフト)なので、より高度なソフトの開発を世界中で行えるソフトで、OSのバージョンアップに合わせて、随時プログラムの更新がされています。

特徴

高度なインターフェイスにも対応

入力画面はシンプルで使いやすいのですが、プログラミング技術者向けの高度な機能も含まれていて、拡張性の高い商品です。

クラウド上で管理

パスワードデータをクラウド上で管理しており、高度な暗号化技術が使われています。

パスワード自動生成

画面上で複雑な文字列のパスワードを自動で生成できます。

料金

ダウンロード、使用、共に無料です。

ホームページ
参考 Open Source Password Management SolutionsBitwarden

パスワードマネージャーbyTRENDMICRO

パスワードマネージャーbyTRENDMICRO

世界有数のセキュリティーソフトの企業が提供するパスワード管理ソフトでマスターパスワードのみを記憶しておけば利用できるソフトです。

特徴

クラウド上で管理

元々、セキュリティーソフトの会社だけあって、その暗号化技術は世界一です。

したがって、ネット上からアクセスしてパスワードを盗むことは、ほぼ不可能です。

パスワードの自動生成

複雑なパスワードを自動で生成してくれます。

スマホとの連携

お手持ちのスマホとも連携できますので、同じサイトのパスワードをパソコンとスマホから管理できます。

料金

トライアル版もありますが、元々、優れた機能を有しているので有料版のダウンロードをオススメします。

ホームページ
参考 パスワードマネージャートレンドマイクロ

パスワード管理ソフトを使うメリット、デメリット

メリット

  • ほとんどの管理ソフトはマスターIDとマスターパスワードを1つだけ覚えておけば使えます。
  • パスワードの記憶数に、ほぼ制限がありません。
  • パスワードの自動生成ができるソフトなら、パスワードを考える煩わしさから解放されます。

デメリット

  • ソフトを開くためのマスターIDとマスターパスワードを記憶するか、記録しておく必要があります。
  • パソコンを買い換えた場合、自分でデータを移す必要があるソフトもあります。
  • パソコン本体に保存するタイプは、パソコンが破損した場合、データが取り出せません。

自分が死亡した場合の対処方法

故人となられた後、残された遺族が故人のSNS金融資産の管理に困らないような配慮も必要です。

そこで、万が一のことも考え、信頼できる方に、マスターパスワード(パスワード管理ソフト)の管理場所を事前に伝えておいた方が良いでしょう。

川崎屋アイコン

遺言等に記載し弁護士、書士の方を通じてパスワード情報を伝える方法もあります。

金融資産等のより重要なデータをパソコン内に残している場合は、マスターパスワードを貸金庫等に預けておいて、死後の処置を遺書に記載する方もいます。

まとめ

インターネットは現代人にとって必須ではありますが、一方で便利に使えば使うほど、管理するIDやパスワードが増えていき、管理が難しくなりますが、パスワード管理ソフトを使えば、快適に多くのパスワードの管理が可能になります。

各ソフトの機能を知り、ご自分に合ったソフトを利用してパスワードを管理してください。

もし、パスワード管理方法でお悩みの方は、気軽に川崎屋までご相談ください。

電話