白黒(モノクロ)プリントはレーザープリンタ

白黒(モノクロ)プリントはレーザープリンタ

プリンタの使い分け

昨今、レーザープリンタがパーソナルレベルでも購入できるようになり、利用者としてはプリンタの選択肢が広がっております。使い勝手用途コストを考慮し、インクジェットプリンタとレーザープリンタをうまく使い分けることをオススメいたします。

インクジェットプリンタ

広く一般的に家庭で使用されている印刷機で、印刷機能だけではなく、コピー・スキャナや電話などの複合機として販売されているものも多くあります。

インクジェットプリンタの印刷の仕組みはカンタンに説明すると用紙にインクを吹き付けて現像する方法です。そのため、インクジェットプリンタの特徴はカラー印刷の再現性が高いことがあげられます。

写真など細かく、キレイさを求められるカラー印刷に向いている印刷機と言えるでしょう。(ただし、普通紙に印刷するとにじみが出る場合があるので、光沢紙など専用紙を使うのがベストです)この事から、あまり印刷量の多くない家庭や写真のコピーなどに向いているプリンタだと言えます。

インクジェットプリンタ

利用メリット

写真などの印刷に向いている高解像度である点と、本体サイズが小さく、パソコンのそばに置いても邪魔にならないこと、レーザープリンタに比べて消費電力が小さいことなどがあげられます。

利用デメリット

全体で見るとカラー印刷が主のため総合的にインク代がかかってしまうこと。印刷するスピードが遅いこと。使用に間が空くと紙やインク詰まりが起きるなどのトラブルがある可能性があることが挙げられます。その他、プリンタの機種にもよりますが、1色のインクがなくなった場合、全ての印刷が出来なくなるなど不都合がある場合があります。

黒しか使っていなくても別色のインクが消費されている理由
黒印刷しかしていない場合でも、インクの目詰まり防止、インクの交換やプリンタの起動、または定期的に「ノズルチェック・ヘッドクリーニング」が行われ、他の色も知らず知らずのうちにインクを消費しています。

レーザープリンタ

静電気の力を使って、帯電→露光→現像→転写→最後に熱と圧力で定着という事を繰り返して印刷します。仕組みはアイロンプリントや版画に近いとお考えください。

このレーザープリンタは主に、用紙を大量に素早く印刷できるので、打ち合わせの資料を多めにプリントアウトする際などに活躍する印刷機器と言えます。

レーザープリンタ

利用メリット

転写によって印刷するので定着率が高く、綺麗に表現可能です。そして、にじみ難く保管の面でも優れています

印刷速度が速いのもメリットで、インクジェットプリンタのようにインクヘッドを左右に移動しながら印刷するのではなく、熱を利用して転写する方法なのでスピード重視の大量印刷をするビジネスシーンなどの場面にも向いています。

インクコストにつきましては、インクトナー1つで沢山の印刷が可能ですが、その分交換時の購入金額も高くなってしまいます。

利用デメリット

1回に購入するインクトナーが高額であること。消費電力が若干大きいことなどが考えられます。

コスト差

パーソナルレベルのレーザープリンタとインクジェットプリンタのコスト差(概算)

プリンター種レーザープリンタインクジェットプリンタ
印刷コスト(1枚)5円程度20円程度
速度(分)30枚程度15枚程度

1枚当たりに換算するとインクジェットプリンタよりもレーザープリンタの方が安価です。印刷を頻繁に大量にする方はレーザープリンタをオススメします。

トナーの費用が気になるようでしたら、リサイクルトナーなどが安価で市場に出ておりますので上手くご活用ください。

用途によって使い分ける

インクジェットプリンタとレーザープリンタともに長所、短所があります。印刷用途によって使い分けください。

インクジェットプリンタを使う場合

  • 主に写真を印刷したい
  • モノクロ印刷はほとんどしない

レーザープリンタを使う場合

  • ビジネスシーン、政治活動で利用したい
  • 大量にモノクロ印刷をしたい
  • 印刷スピードは速い方がいい

パーソナルレベルのプリンタであれば、インクジェットプリンタもレーザープリンタも比較的安価で購入することが可能です。両方、購入し印刷種によって使い分けても良いかと考えます。

まとめ

ビジネスや政治活動でプリンタを利用する方は、長期的に使えば使うほど、プリンタの選択によってランニングコストに差が開くので早めの検討をオススメします。もしプリンタ選びでお悩みがございましたら、気軽に川崎屋までお問い合わせください。