プロトペルソナ

プロトペルソナ

ホームページを作成したり市場調査をしたりする際に、マーケティング手法の一つであるペルソナがよく利用されますが、今回は手軽に使えるペルソナのプロトペルソナについて紹介します。

プロトペルソナとは

プロトペルソナは「簡易ペルソナ」とも呼ばれ、より簡単にペルソナを作る方法の一つで「プログラマテックペルソナ」「捏造ペルソナ」「臨時ペルソナ」「仮説ペルソナ」などの呼称も使われますが、全て同一のものです。

ペルソナをより身近に使いやすくするものでもあるため、「ペルソナの原型」とも呼ばれています。

川崎屋アイコン

ペルソナについての詳細は別記事『初めてでも大丈夫!ペルソナを作り上げる方法』をご覧ください。

プロトペルソナの活用方法

プロトペルソナとペルソナの大きな違いは、ペルソナが作成までに多くのリサーチと時間を必要とするのに対して、プロトペルソナは架空のユーザーを定義して「まずは作ってみよう!」として作られるものです。

ペルソナほどリサーチの手間や時間、コストが掛からないため、厳密な作成を必要としない現場では今後ますます普及していくと予測されています。

ホームページ作成などの場合、複数のペルソナを一度に生み出しやすいというメリットがありますね。

川崎屋アイコン

プロトペルソナを作成する際の注意点

プロトペルソナはペルソナに比べて簡単に作成ができる反面、作成手順を間違えれば誤用も多くなってしまいます。作成に当たっては、以下のような点に気を付けましょう。

設計チームのみんなで作る

設計チームのみんなで作る

作成者個人の思惑に捉われすぎることがないよう、複数の視点を持って意見交換しながら作成していくプロセスが重要です。

プロトペルソナを作るメリットや意味、方法を事前にメンバー全員が共有している必要があります。

偽物であることを明示する

偽物であることを明示する

架空の設定は具体的であるほど真実味を増しますが、「仮」であることを明示するのも大切なことです。

特にプロトペルソナは作成の段階では仮要素が多く、実際のユーザーの要求に合わせてディテールを見直していくことも必要になってきます。

依存しない/固執しすぎない

依存しない/固執しすぎない

プロトペルソナに頼りすぎることなく、チーム全体で意思決定していくことが重要です。

ペルソナはあくまでも意思決定の一つの手法であり、道具であることを念頭におき、振り回されすぎないようにしましょう。

要求をペルソナ任せにしすぎない

要求をペルソナ任せにしすぎない

「○○したい!」という要求のうちプロトペルソナ(ユーザー代表)側の意見と設計チームの意見を、ごちゃ混ぜにしないようにします。

作成者側のやりたい思いをペルソナ任せにしてしまうと、ユーザーの要求の本質とは逸れてしまう恐れがあるためです。

プロトペルソナの活用例

実際に架空のプロトペルソナを、一例として紹介します。

目的 新規オンラインゲームの開発

安岡真奈美(ヤスオカマナミ)

プロトペルソナ・マナ
ニックネームマナ
年齢17歳
職業高校生
家族構成父、母、弟
ペット
出身地愛知県
趣味カラオケ、ゲーム、SNS
アルバイト飲食店
ゲームアクセス頻度
課金頻繁
ゲーム依存度
性格社交的で友達も多く、活発である。興味のアンテナが広く、新しい情報にも敏感。外でも遊ぶが、暇さえあれば携帯をいじっている。つながりを大切にするため、連絡があれば即レス派。
要望アバターの着せ替えなど、見た目の充実にこだわる。期間限定やレア物などは、お金を払ってでも手に入れたい。無料でも可愛いのは鉄板だが、有料であっても他と違ったセンスの良いものを手に入れたい。グループ内でのチャット機能の充実など、ソーシャル性を強く求める。グループと一対一の区別も明確に。絵文字も充実させて欲しい。

多田裕也(タダユウヤ)

プロトペルソナ・ゆー君
ニックネームゆー君
年齢12歳
職業小学生
家族構成母、姉二人
ペットなし
出身地静岡県
趣味サッカー、ゲーム、工具いじり
部活サッカー
ゲームアクセス頻度
課金なし
ゲーム依存度
性格おとなし目で内向的な性格。家族を安心させるためにサッカー部に入っているが、本当は家で遊ぶ方が好き。自分からはあまり積極的に動かないため、友達の数は少なめ。実社会よりネット内での方が発言が多くなり、活き活きとしている。ゲーム時間はお母さんとの約束で、平日は1日2時間まで。休日は5時間までだが、部活の試合などの予定があり集中して取り組める時間は少ないのが不満。
要望チュートリアルの充実など、分かりやすさを重視して欲しい。デモプレイやお試しアイテムがもっと増えれば良い。課金はできないので、無料での装備をもっと充実させて欲しい。

轟健太(トドロキケンタ)

プロトペルソナ・ケン
ニックネームケン
年齢38歳
職業営業職
家族構成妻、娘二人
ペット金魚
出身地北海道
趣味鉄道、ゲーム、アニメ、煙草
副業セドリ
ゲームアクセス頻度
課金時々(だが、一度に使う額が大きい)
ゲーム依存度
性格あまり冴えなく内向的。口下手を直そうと営業マンになったが、ストレスの方が多くて苦しんでいる。家族が趣味にあまり理解を示してくれないのが悩み。電車の移動時間などを使ってゲームにアクセスする。休日は家族サービスに忙しいが、たまに一人で外出してゲームしている。ゲーム内では自分の発言に注目が集まるのが快感。いわゆる「大人買い」するタイプ。
要望期間限定や曜日別アイテムなどは、仕事によってアクセスできないときもあるので、なるべく期間を延ばして欲しい。

優先順位

優先順位

プロトペルソナを作ったあとに重要になるのが、優先順位です。全ての要望を叶えようとすると、どっちつかずになってしまい破綻します。

第一優先をマナとして決定したら、まずはマナの要望を全て叶えていきます。その後に、ゆー君やケン、他のペルソナの要望を見て、その要望を「マナも必要とするものであれば」採用します。

マナの利益と相反するものであれば、実装は見送ります。これがプロトペルソナの正しい使い方です。

まとめ

今回は実例を挙げて、プロトペルソナについて紹介しましたが、これが絶対に正解という訳ではなく、企画や対象によってプロトペルソナはいくらでも様変わりしていきます。

あなたの必要とするプロトペルソナを作り上げ、愛着を持って、素敵なホームページを作り上げてください。

初めてでも大丈夫!ペルソナを作り上げる方法 KJ法を用いたホームページ作成KJ法を用いたホームページ作成