情報セキュリティ

情報セキュリティ

世界規模の企業においても情報漏洩の報告が相次いでいる昨今、個人・中小企業が出来る施策は「当たり前の事を当たり前に施策する。 」これが全てです。

情報を守ることは、情報を管理する部門において責務です。しかし必ず事故は起きます。その際、これまでどのような情報セキュリティ施策を行ってきたのかがポイントになります。それは、サイトの規模やサイトパワーは関係ありません。どれだけ本気で施策をしてきたのかが重要です。

再記しますが、現代システムにおいては情報セキュリティ事故は必ず起こります。関係者にそこまで施策していたなら止むを得ないと思ってもらえるよう、当たり前の事を当たり前に情報セキュリティ施策を行いましょう。

情報セキュリティ三大要素

本ページにおきまして主にホームページの運用管理の情報セキュリティにつきまして記載いたします。

情報セキュリティ

情報セキュリティとはウイルスやサービス停止、情報漏洩など、さまざまな脅威から情報システムを確保を行い、正常に維持運用することです。 そして情報を正当な権限も持った人だけが利用できる状態にしておくことです。

機密性

正当な権利を持った人だけが情報を利用できる状態にしておくこと。(情報漏えい防止、アクセス権の設定などの対策)

完全性

正当な権利を持たない人により変更されていないことを確実にしておくこと。(改ざん防止、検出などの対策)

可用性

情報を必要なときに使用できること。(電源対策、システムの二重化などの対策)

あなたは大丈夫ですか?

下記を参照頂き情報セキュリティについ検討、共有を行ってください。

  • 廃棄紙はシュレッダー処理をしていますか?
  • 自席から離れる際、クリアスクリーン(ログオフ、ロック)をしていますか?
  • 書類などを放置しないよう、机の上を整頓していますか?
  • 機密情報をWebサーバーへ保管していませんか?
  • 情報セキュリティの研修をしていますか?
  • ホームページは暗号化(SSL)されていますか?
  • パスワードを定期的に変更していますか?
  • パスワードを知っている人を管理していますか?
  • パスワードを付箋や裏紙などで公開していませんか?
無料セキュリティ診断

川崎屋の情報セキュリティ研修

当店は45分程度の情報セキュリティ研修を実施しています。昨今の情報漏洩事故は、外部からよりも内部にいる人間の犯行が増えています。意識を高め、事故を未然に防ぐ為にぜひ受講ください。