サイト情報をクローラーへ伝える

サイト情報をクローラーへ伝える

サイト情報を伝える

最近の検索エンジンの性能であれば、お客様のホームページのコンテンツ内容やページ数など何もしなくても、ほとんどの情報をクローラーロボットが自動で取得してくれますが、検索エンジンも完璧ではありません。Webサイトのページ構成が複雑な場合、検索エンジンがサイト内のページを見落としてしまうことがあります。

主な情報伝達手段

  • XMLサイトマップ
  • Google Search Console
  • 適切な内部リンク設定
クローラーロボット
Webサイトに掲載されたリンクを巡り、インターネット上に存在するサイトの情報を収集するプログラム。検索エンジンはクローラーロボットが集めてきた情報を解析し、検索されている方に適した情報を提供します。

XMLサイトマップ

サイトマップを制作することにより、クローラーロボットの見落としを防ぐことができます。また新しくページを追加した場合も、変更を知らせることができます。こちらから提供できる情報は、積極的に伝え検索エンジンに出来るだけ反映してもらうようにします。

クローラーへ情報を伝えるにはXMLで作成されたファイル(サイトマップ)をサーバーに保存しておくことが必要です。そのデータをクローラーエンジンが読み込み、サイトにどのようなコンテンツがあるかを確認をします。

Google Search Console

Google Search Console(グーグル サーチ コンソール)は、ホームページが現在どのような状況にあるかを確認できるツールです。以前は「Webマスターツール」と呼ばれていました。

Google search Consoleでは下記のような項目があり、ホームページがGoogleからどのように見られているかを確認することが可能です。

Google Search Consoleで確認できること

  • インデックスされている数
  • 被リンクの数
  • クローラーロボットの巡回頻度
  • クローラーロボットの巡回時のエラーなど

Google Search Consoleは、Googleのアカウントがあれば無料で利用することが可能で、ホームページを登録しておけば、運用しているホームページにエラーが生じた際、Googleからメールが届いたりします。ホームページを運用しているのであれば、ぜひご登録ください。

インデックス
クローラーロボットが収集したホームページのデータを検索エンジンのデータベースへ保存すること。
被リンク
他ホームページからリンクを張ってもらうこと。

適切な内部リンク設定

閲覧者がホームページ内のページを遷移する際に、ナビゲーションやメニューのリンクを辿るように、検索エンジンもサイト内にあるリンクをめぐり移動します。

検索エンジンがホームページ内にあるページをみつけてインデックスする方法の1つとして、「内部リンクを辿りコンテンツを見つける」というものがあります。リンク先URLの設定方法により、検索エンジンがページを読むことが出来なかったり適切な評価を受けられない場合もありますのでお気を付けください。

内部リンク
自分のホームページから、自分のホームページ内の別のページへ移動するリンク。

ホームページの検索順位の調べ方

川崎屋のサイトマップ制作

川崎屋でホームページ制作を行わせて頂きますと、製作費内でサイトマップを設置させていただいております。運用中のホームページでございましても、サイトマップだけの設置も対応しておりますので、気軽にお問い合わせくださいませ。