スマホ決済サービス

スマホ決済サービス

昨年一気に普及が広がり、世間で話題になることも多かった「スマホ決済サービス」。

お得になるキャンペーンなども大々的に行われていたため、使い始めた方も多いのではないでしょうか。

普及率が急速に上がってきた今、改めて「スマホ決済サービス」とはどういったサービスなのか、種類なども交えて紹介をしたいと思います。

「スマホ決済サービス」とは

「スマホ決済サービス」とは、スマートフォンやタブレット端末を使用する事で決済できるサービスです。

現金やクレジットカードを持たずとも、銀行口座やクレジットカードの情報を登録することで、その名の通りスマホ1つあれば買い物などの支払いを済ませられるのです。

登録をしてしまえば、決済時にはサインなども不要なので、びっくりするほどスピーディーに支払いが終わりますよ

川崎屋アイコン

「スマホ決済サービス」を使うメリット・デメリット

話を聞けばとても簡単に感じると思いますが、やはり使う時に気になるのはスマホ決済サービスのメリット・デメリットです。ここではそのメリット・デメリットを簡単にまとめて紹介します。

メリット

  • スマホさえあればいいので、持ち運びが便利
  • 使用履歴など知りたい情報もスマホで簡単に確認できる
  • 限度額を設けることができるので使い過ぎ防止もできる
  • キャンペーンなどうまく利用すれば大きな割引も受けられる

デメリット

  • レシートは発行されない
  • クレジットカードのブランドが限られている場合がある
  • スマホのセキュリティをしっかりと管理する必要がある

川崎屋アイコン

慣れていない方は不安を感じたり、使い始めは戸惑う方もいるかもしれませんが、普段使いしている人の多くは、メリットを生かして有効的に活用しています

「スマホ決済サービス」の種類

「スマホ決済サービス」は主に2つの種類があります。よく聞くサービスもどちらかに当てはまるので、あのサービスがそうだったのかと改めて理解する人も多いかもしれません。

FeliCa方式採用スマホアプリ決済サービス

『FeliCa』とは、お店に設置された端末にスマホをかざすだけで、読み取り、決済できる技術です。おサイフケータイや、Apple PayがこのFeliCa方式のスマホ決済サービスになります。

簡単お手軽で、使い方もわかりやすいです。

FeliCa方式採用スマホアプリ決済サービス

QRコード方式のスマホアプリ決済サービス

QRコード方式スマホ決済

スマホの画面にQRコードを表示させ、お店の端末でスキャンすることで簡単に決済ができるサービスです。

LINEペイ、Origamiペイ、楽天ペイなどがこれにあたります。QRコード方式は比較的新しく、最近普及が広がりました。

このサービスはAndroidやiPhoneといった機種を問わず、アプリさえあれば利用できます

「オススメのスマホ決済サービスの特徴紹介」

「スマホ決済サービス」、とくにQRコード方式は最近急速に広まったサービスなので、どのようなサービスがあり、どういった内容かよく知らない人もいるかもしれません。ここでは、いくつか特徴も併せて紹介したいと思います。

現金を使わない決済サービスは、今後も間違いなく普及していきます。常にアンテナを張って、お得で使いやすい決済サービスを上手く使い分けてくださいね

川崎屋アイコン

LINEペイ

LINEペイ

通話アプリとしておなじみのLINEからリリースされたQRコード方式のスマホ決済アプリです。

LINEのアプリをインストールし、その中からLINEペイのサービスを利用します。

事前にチャージしておくプリペイド形式とクレジットカード決済の両方を利用でき、送金、送金依頼、割り勘などができるのが特徴です。

PayPay

PayPay

PayPayはソフトバンクグループの決済サービスで、ソフトバンクとYahoo! JAPANの決済機能を統合し作られました。

アプリに銀行口座やクレジットカードと紐づけて利用します。

2018年10月にサービスが開始され、12月に「100億円あげちゃうキャンペーン」が行われ話題になりました。まだ始まって間もないサービスなので、今後利用できるお店なども増えていくかと思われます。

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天ペイは、クレジットカードの情報を登録して同期させて使うスマホ決済サービスです。

銀行口座と紐づける機能はないので、基本的にすべて後払いとなります。

楽天ペイでも楽天ポイントが貯められるので、楽天ユーザーに好まれています。

d払い

d払い

d払いは、ドコモユーザーであれば携帯料金と合算して払うことができるのが大きな特徴です。

ただ、支払いにはクレジットカードも使えるので、ドコモユーザー以外も実は利用できます

d払いはdポイントカードと同じようにショッピングでポイントを貯められ、最近ではポイントアップのキャンペーンも増えてきたので、ドコモユーザー以外にもアカウントを作り利用する人が増えたように思います。

まとめ

以上、「スマホ決済サービス」について色々と紹介させていただきました。

日本はまだまだ現金至上主義な側面もあり、安全面などに不安を感じたり、よくわからず「スマホ決済サービス」を利用できていない人もいるかもしれません。ただ、使い方によってはお得に買い物が出来たり、少ない荷物で出かけられるという便利さもあります。

2019年10月1日から予定されている、消費税率8%から10%への引き上げで、キャッシュレス決済した消費者へのポイント還元」などの経済対策を検討していることも報じられていますよね。

日本以外の世界各国でもキャッシュレス化は進んでおり、2020年の東京で開催されるオリンピックに向けて、今後、国内でもどんどん普及すると思います。

この記事を読んで興味を持った方はぜひ「スマホ決済サービス」を始めてみてはいかがでしょうか。