通信暗号化SSL

通信暗号化SSL

インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みで、パソコンからサーバまで安全に通信を行なうことができます。暗号化されているので第三者から通信を盗み見らていても内容を特定されることがありません。

お問合せページなどで個人情報を扱うサイトやクレジットカード情報などを扱うサイトでは大小にかかわらずSSLを利用して通信の安全性を高め「より安全で有用なコンテンツが発信されるべき」と一般化しています。

ウェブサイトと閲覧者が安全に情報のやりとりを行うために必須のものになるSSLは、守られるのはユーザーだけでなく、サイト自体も守られます

SSLの導入で回避できるリスク

なりすまし

本物のウェブサイトであるか、SSLサーバ証明書に記載されている情報を顧客の目で確認することができます。これによりサイトを装い、個人情報やクレジットカードなどの情報を不正に取得・悪用されるリスクを減らします。

盗聴

通信を暗号化することによって、、メールアドレスや住所などの情報を盗み見され悪用されるリスクを軽減します。

改ざん

通信内容が第三者により変更されていないことを保証できる為、データ改ざんされるリスクをなくします。

SSLとGoogle社によるホームページ評価

Google社は2014年8月に「SSL対応状況を、検索結果順位を決める要因にする」と公式発表しています。要は「SSL化されているサイトを検索順位で優遇します」と言う事です。

しかし当時は数百あると言われている検索順位決定基準のごく一部の内容であった事、そして一般中小企業がSSLを導入するにはコストがかかりすぎていた事により、導入を見送るケースが多くみられましたが、昨今、多発している大手企業の情報漏洩事故、リスクマネジメントの観点から安全なSSLを導入する企業が増えてきました。

YahooもYahoo検索をSSL化することをアナウンスしホームページの標準はSSL化に向かっています。

川崎屋のホームページ制作

2016年9月から当店が制作するホームページ製作費据え置きでSSL対応ホームページを標準とさせて頂きました。作って満足のホームページではなく顧客を守る安心安全なホームページをご提供させて頂きます。