インターネットで支援者を増やす方法

インターネットで支援者を増やす方法

これまでの選挙においては、有権者の名簿をできるだけ多く集めることが非常に重要でした。そして名簿に基づき有権者に告知を行い、選挙の際、投票へ誘うようにしていました。

平成25年4月19日に、「インターネット選挙運動解禁に係る公職選挙法の一部を改正する法律」が成立され、有権者名簿にプラスしインターネットを通じて繋がった、有権者へも政策や想いを簡単に伝えることが出来るようになりました。

しかし、どの業界においても新規開拓は難しい課題です。候補者の事を知らない有権者が、自ら候補者のホームページへアクセスする事はほとんどありません。

そこで、まずはホームページをある程度作りこみ、各SNSを利用し有権者とつながり、各SNSからホームページへアクセスしてもらう流れを作ってください。SNSで繋がる事ができれば、有権者へ候補者や後援会の皆さまからホームページやその他SNS等の情報を送ることができるのです。

information
特に知名度がない候補者は、ホームページへの直接流入は、ほとんどありません。各種SNSからホームページへアクセスしていただける仕組みをまずは作ってください。

SNSで有権者と繋がる方法

候補者と後援会の皆さま個人で各SNSのアカウントを作り、そのアカウントから知り合いや友人などと繋がりを持ち、候補者の情報を送れる環境を作ってください。

繋がりを持つ方は、有権者であれば一番良いのですが、巡り巡って有権者と繋がる事もありますので、有権者以外の方でも構いません。まずは多くの方と繋がり候補者の情報を送れる状況を作ってください

information
見ず知らずの方と突然、繋がりを持とうとすると印象がよくありません。まずは知り合いから繋がるようにしてください。そして、既に多くのご友人と繋がりがあるSNSアカウントをお持ちであれば、既存のアカウントをご活用ください。

有権者と繋がり、情報を送れる環境が作れましたら、候補者だけでなく後援会の皆さまも自身のSNSにて、候補者のホームページのURLや更新情報を共有(シェアやリツイート)してください。

有権者にとって良い記事、興味を持って頂ける情報であれば、繋がりを持った方々のSNSで情報が共有され、候補者や後援会の皆さまと直接の繋がりのない方々へも情報を送ることが可能となります。そのことにより、ネットを通じて多くの有権者と結びつき、有権者は候補者に親近感を持つことができ、自然とホームページのアクセスも増えるのです。

Facebookで政治活動報告

共有(シェアやリツイート)とは
共有をされると共有をしてくれた方のページに記事が表示され、その記事が、また共有をしてくれた方と繋がっている方々にも見てもらう事ができます。それをまた友達などが共有し、どんどん記事が拡散していきます。

記事シェアの方法

ホームページを更新したら候補者のSNSに自動で更新情報をアップするシステムを使う事は控えてください。ホームページを更新し、更に各SNSへも情報をアップする手間は大変かも知れませんが、機械的な方法で自動更新されるページよりも、一言二言、各SNSへ言葉(気持ち)を載せてシェアをすることによって記事への想いが伝わりホームページへの流入も増えるのです。

ある程度作りこんだホームページ

せっかくホームページにアクセスしてもらっても、ホームページの内容が乏しければ、有権者はすぐにホームページから離脱します。そして粗末な情報を公開している候補者であると思われ、大切な一票を取り損なう事もあるでしょう。充実した内容までいかなくても、まずは以下をクリアしてから、ホームページは公開するようにしてください。

  • 政策をシンプルに表現し伝える
  • 候補者の写真や活動などを見やすく、そして分かりやすく表現
  • 公職選挙法で定められている必須記載項目を正確に掲載
  • 常に情報が更新されている生きたホームページであること

選挙・政治家のホームページ制作

川崎屋は政治家、政治家を目指す方へ公職選挙法に準じたホームページの制作ホームページの運用サービスを承っております。川崎屋は選挙に勝ちたい・政策を多くの方へ伝えたいお気持ちを共有させていただき共に戦います。