【セキュリティ対策】USBメモリ

【セキュリティ対策】USBメモリ

USBメモリのセキュリティ対策

持ち運びが楽で気軽に使えるUSBメモリを使っている方が多いかと思いますが、気軽に利用できる分、セキュリティリスクを考慮しないで、軽はずみに使用し持ち出した個人情報の紛失盗難事故も多数発生しています。そこで、事故を未然に防ぐための施策について記述いたします。

USBメモリとは
気軽にデータを持ち運ぶことができる小型の記録装置。制作したデータや撮影した動画、写真などをパソコンや直接スマホからUSBメモリに移し持ち歩くことができる。パソコンのハードディスクと同様に何度でもデータの削除や新規追加が可能である。

USBメモリを持ち出さない・使用しない

自身の所有物を紛失した事が無い人間などいないのではないでしょうか?人間は財布や自宅のカギなど本当に大切なものでさえ落としたり、置き忘れてしまうような生き物です。よってUSBメモリを外へ持ち出すことは紛失するリスクが必ず出てくるのです。

無料セキュリティ診断

もちろん車の中やカバンの中に入れていても盗難されるリスクもあります。企業によってはパソコンのUSBコネクタを塞いだり、設定によってパソコンへ繋げてもUSBメモリを認識させないようにしています。まずはUSBメモリを使わない、データを外へ持ち出さない運用をご検討ください。

メモ
データの受け渡しは、当たり前のセキュリティ対策を施しているメールサービスやファイルサーバーなどを利用するようにしてください。

USBメモリ自体にセキュリティ対策を施す

緊急時やインターネット環境を使えない場所などでのデータの受け渡しには、USBメモリを使わざるを得ない場合があります。その際は、下記機能が付いたセキュリティ機能付きのUSBメモリを使うようにしてください。

パスワードロック
USBメモリをパソコンを接続後、USBメモリ内のファイルを参照するには、パスワード認証が必要になります。よってパスワード認証を行うまではファイルを見ることが出来ない為、万が一の盗難や紛失でも、情報漏えいのリスクを低減することが可能です。
暗号化
USBメモリへ保存されているファイルへ暗号を掛けることで、万が一、情報を取り出されてもファイルの内容を理解できなくする方法です。

最後に

セキュリティ対策が可能なUSBメモリは今や安価で購入することができます。データの重要性に限らず対策が施されたUSBメモリをご手配ください。もし、どの商品を購入すればよいのか、ご不明な際は、川崎屋まで気軽にお問い合わせください。