CMSの活用

CMSの活用

インターネットが普及して以降、企業や自治体に限らず個人でもホームページを制作し情報発信する方が増え、現在では単なる情報発信だけでなく、双方向的な情報のやり取りにインターネットが広く活用されています。

一口にホームページと言ってもコミュニティサイトの構築からEコマースを利用した通販サイトの運用まで多種多様な在り方が想定されますが、かつてはホームページを作成する方法として、主に2通りの方法から選んでいました。

1つは自分でテキストエディタを使ってHTMLタグを打ち込む方法、もう1つは市販のホームページ制作ソフトを使うやり方です。

後者はちょっと学習すれば誰でも見栄えのいいホームページを作ることができますが、複数の人でウェブサイトを共同管理するには不向きと言えます。

現在のホームページ製作環境はCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれる手法が主流となっています。材料となるテキストや画像などを用意しておけば、HTMLに関する知識がなくてもホームページが作成できる方法です。

市販ソフトとの違いは、ウェブブラウザ上の操作で作業が完結するという点にあり、自宅にいなくてもネットワーク環境とCMSへログインする情報さえあれば、複数の方が同時に何処でも誰でもホームぺージを製作・更新することができるのです。

本記事におきましては、多くの方が使われている数種類のCMSにつきまして簡単に説明をさせていただき、製作されるホームページの用途に応じたCMSをご選択いただければと思います。

XOOPS Cube

XOOPS Cube

XOOPSCube(ズープスキューブ)とは、HTMLだけでなく、PHPやMySQLといったプログラムも利用できるホームページやウェブコンテンツが作れるサービスのことで、無償で開発が進められています。

ユーザー参加型のホームページやSNSに近いようなサイトの構築、より高度なサービスを実現するために役立つもので、初心者でも簡単にモジュールを組み合わせるだけで高度なサイトを作り出すことができます。

プログラムを作り出すのは難しいですが、組み合わせだけを考えればよいので、XOOPSCubeを初めて利用する方でも汎用性の高いサービス掲示板のようなサイトも作り出せます。

XOOPS Cubeでホームページ制作

ホームページ制作においても近年の高度なシステムを組み込めて、インターネットショッピングやユーザー登録とユーザーごとのマイページを含めたサイト利用ができるサービスも提供できます。

バイラルメディアやSNSとして利用することもできるので、日本でも徐々に注目されてきています。既に海外ではテーマの追加やオブジェクトが多く出来上がっており、その自由度も格段にアップしています。あわせてウェブ関係の知識を学んでいる方にとっても学習しやすい内容になっているため、ホームページ制作への応用も初心者レベルで十分可能です。テンプレートや作成例も非常に多くなっていますが、日本語で対応しているサービスがまだまだ少なく、今後の発展に応じて広く普及していくでしょう。

単純なウェブサイトではなく、ユーザー参加型のコンテンツとして活用できるので、個人の利用者からビジネス利用まで広く頼れるサービスです。

XOOPS Cubeの双方向性

PHPは完全な指向型の物ではないですが、XOOPSCubeを活用すると運営もしやすくなって、双方向性のコンテンツ提供も可能になります。

ニュース形式のコンテンツやブログももちろん作成可能で、ワードプレスへの応用もこれがあれば簡単です。インストールもしやすく、一般的なアプリケーション同様に利用できるのも魅力のひとつです。最低限の知識としてFTPの扱いの経験があり、自身のコンテンツをアップできるサーバーがある必要があります。PHP対応のサーバーは無料の物はあまりないので、事前に専用のサービスを見つけておくとよいでしょう。

高度なサイトの構築は可能ですが、手順や最新のPHPに合わせるには地道な設定やそれに伴う試行錯誤がこれまで同様に必要なので、根気強く取り組むようにしてください。一度インストールして最低限の操作方法が理解できれば、あとはデザインセンスやサイト構築のセンスが重要になります。様々なウェブサイトのデザインを参考にして、より理想に近いサイトが作り出せるように工夫していきましょう。

Pukiwiki

Pukiwiki

Pukiwikiの大きな特徴は、コンテンツの管理や更新に特別な知識が必要とされない点にあります。

拡張性も高く、検索機能や掲示板機能など動的なホームページ制作に必要なパーツを後から容易に追加可能で、更新作業もウェブブラウザを使って誰でも簡単にでき、頻繁な更新が必要なコミュニティサイトやコンテンツ数の多い企業サイトに向いたシステムと言えます。

一度導入してしまえば更新作業も容易なPukiwikiですが、初期導入時にはシステム構築にある程度の知識も必要になります。その点はソフトウェア開発会社やホームページ制作会社に導入を依頼することで問題が解決しますが、更新・管理作業を自分たちの手で行うことでランニングコストを大幅に節約することができます。

実際にこうしたウィキソフトウェアは世界中で多くの人に利用されており、企業コミュニティサイトなど複数人で共同管理する目的には、ウィキソフトウェアは最も適したシステムなのです。

Pukiwikiの機能

CMSには各種の汎用CMSシステムやブログソフトウェアの他、Eコマース用のCMSやSNS、ウィキソフトウェアといった種類があります。

中でもウィキソフトウェアは、世界最大のインターネット百科事典で使用されるシステムとして知られており、ウィキソフトウェアにも数多くの種類がある中で、PHPと呼ばれるプログラミング言語を使ったPukiwikiはコミュニティサイトの構築にも向いています。そしてウィキソフトウェアはオープンソースのため無料で使用できます。

EC-CUBE

EC-CUBE

EC-CUBEとは、ECサイトを構築する際に利用できるプラットオープンソースです。国内No.1のシェアを誇り、プラグインも充実しています。

EC-CUBEの特徴

一番の特徴は、国内で開発されていることです。海外メインのソフトの場合には、言葉の壁によってスキル習得から挫折してしまう人は珍しくありません。しかし、EC-CUBEの場合には海外のソフトを直接翻訳したかのような不自然な日本語でないため、ホームページ制作がスムーズに住むためのスキルを学べるます。

また、大きなメリットとしてはホームページ制作を低価格で実現できる事です。売れるためのホームページを作るためには費用がかかりますが、EC-CUBEはSEO対策も簡単に設定ができ、プロに頼む選択は必要ないかも知れません。

そしてEC-CUBEでは、手軽に低価格から始めることができるため、初期費用を抑えた形でのECサイト構築が可能です。

EC-CUBEでホームページ制作

ネットショップ構築のための機能が一通りそろっているため、ダウンロードして展開してからすぐに、ネットショップづくりやホームページ制作に活用できるのも大きなメリットといえます。

オープンソースであるため、カスタマイズがしやすく、サイト作りが手軽に行えるように配慮しているソフトです。使用した経験のある人も多く、使った結果やどのように使ったらいいのかわかりやすく紹介しているサイトも増えました。上手に活用すると無料で納得できるサイトを構築でき、管理も簡単にできるといえます。

さらにメリットとして挙げられるのは、スマホのホームページを作ることが自動的だということです。パソコン用のECサイト構築を済ませると、同時にスマートフォンのサイトが構築されるため、スマホのサイト構築のために時間を割かなくて済むので便利です。

定期的に新しいバージョンを入れなければならない可能性はデメリットといえますが、場所やポイントを確認しておくことである程度定期的にダウンロードを実現できます。

MOVABLETYPE

MOVABLETYPE

movabletypeは誰でも気軽に利用することができる、ブログ形式のホームページ制作ツールです。

5万サイトに及ぶ国内導入実績を持った優れたツールで、主にソフトウェア版とクラウド版の2種類の提供があり、文字や写真の入力だけでホームページ制作をすることができ、メーカーによる公式サポートも利用することができます。

そしてイメージを確認しながら編集ができるリッチテキストエディタや、自動保存機能や履歴管理機能などのバックアップ機能などが利用でき、安心してコンテンツを管理することができます。

豊富な機能を有しており、個人的な趣味のホームページから、企業の取り扱うウェブサイトまで、幅広い活用が可能となっています。

MovableTypeを使う理由

各種SNSなどのプラットフォームと連携をとることもでき、充実したコンテンツ管理のできるツールとなっています。また管理画面などの環境は徹底的に最適化されており、一般的なサービスよりも3倍の動作速度と1.6倍の再構築スピードで快適に利用することができます。

クラウド版では安全性の優れたサーバー配信機能も搭載されており、不正アクセスなどの危険も回避して安全に外部サーバーへ配信をおこなうことができます。

さらにmovabletypeでは、HTMLとMTタグのみで、高いセキュリティを誇るホームページ制作が可能となっています。クラウド版では常に最新のセキュリティを利用することができるので、初心者でも安心してウェブサイトの構築ができます。

MovableTypeのサポート

機能やセキュリティだけではなく、サポートに関するサービスも充実しており、クラウド版でもソフトウェア版でもメールによるテクニカルサポートを利用することができます。

管理画面の操作や設定などはもちろん、インストールやアップグレードについてなど、様々な用途で利用することができ、movabletypeを初めて利用する人でも不安を感じることなく利用することができます。

そして充実したプラグイン・ソリューションを利用することができるので、機能を拡張して自由度の高いウェブサイト管理が可能となっており、CMS機能の強化はもちろん、カートサービスや入力フォームの作成などの専門的知識がなくともホームページに導入することができます。

MovableTypeの機能

SEO対策やステージングに会員管理や閲覧制限などの汎用性の高い機能や、電子書籍の取り扱いや印刷にスマートフォンアプリの開発などの複雑な機能まで、目的別にプラグインを選ぶことができ簡単にホームページへ導入できます。インストール環境の設定や、アップグレードの管理などを委託できるリモートサービスもあるので、ホームページの制作や構築に集中することができ、メンテナンスや保守の工数を減らすことも可能となっています。